様々なスキャン

スキャンをするスキャナーといえばコピー機にも似たフラットベッドスキャナーが一般的な時代がありました。他にも今ではほとんど見ることが少なくなりましたが、銀塩フィルム専用のフィルムスキャナーも存在しています。

銀塩フィルム自体は製造がされなくなったり、それを使用するカメラの需要がなくなっている現状なのですが、メーカーによってはまだまだ製造していて、これは銀塩フィルムが残っている以上後世に残していかなくてはいけないということで残り少なくなった銀塩フィルムユーザーにとってはとても心強いと思います。フィルムスキャナーは小型化が進んでいてかつ廉価であり、それでいて高性能というとてもリーズナブルになっています。30代以上の人では家にフォルムなどが残っているようでしたら、一台はフィルムスキャナを持っておくのもいいかもしれません。

もちろんフィルムをスキャンしてくれる業者もいますからフィルムを持っていても現像はできなくて画像データとして取り込むことはいつでもできます。また、フラットベッドスキャナも用紙大のスペースが必要だったのですが、いまではなぞることでスキャンができるスキャナーが一般的となっていますのでこれもフィルムスキャナと同様で省スペース化ができているということがいえます。数年前からプリンターが複合機という名前で発売されています。

これは印刷機能の他に、コピー、Fax、スキャナーとしての機能を持っていて複合機として家庭で便利アイテムとして君臨しているのです。

※特集
業務用の高速スキャナーでスキャン代行業務を行っているスリープロのサイトです・・・スキャン 代行